漢の昆虫飼育//昆虫飼育報告
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/22 (Mon) 変更しますた~

ども





久々に テンプレート 替えてみました。  





これを機に 飼育種 も色々と変更していくつもりです   






既に 途絶えた もしくは 卒業 した種もいますので~~   





ただし クワ は、これからも 圏外 に、なりそうです






そうゆう事で これからも引き続き たのんます~~~       

スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(16) |


2010/02/17 (Wed) 蘇生法~

ども



いきなりの 題名 ですが・・・・




つい先日の話です 




オーベル・オーベルの幼虫容器の外から見た時マット上でぐったりしてました。



貴重な幼虫ですのですぐに取り出し手で持ってみる・・・・。




皆さんの想像通り  グタングタン の状態   



まずは幼虫全体の身体を軽く上下交互に 揉む  徐々に移動



一通り揉んで 同じ事を も一度   揉む  揉む 揉む 




するとあら不思議 幼虫の身体が少し堅くなります。   




続けて今度は・・・・




幼虫の 六本足下の所 と 尻より四節目の所 を同時に強く押します



もちろん潰しきらないように 数回  間隔をあけて・・・・・・



幼虫の口からは 茶色の液体が少々でますがね~~~~         



うまくいけば幼虫の  鼓動  が 復活いたします~    



あとは幼虫をマット上に置いて 蓋は半開きで放置~  




翌日にはマット底にいますよ~ 早期発見が  と、なります




ま!  要は  酸欠  に、ならないように管理ですね      

オーベル・オーベル現地情報 | trackback(0) | comment(18) |


2010/02/09 (Tue) 続・・・やっぱ初心者か・・・。

ども



色々と 検索 かけてみました。



虫の情報も沢山出てきましたが・・・・ ハリシ自体の情報なし!



と、言う事でアフリカ情報~~~



アフリカ自体 赤道 をまたぐ大陸なので北半球南半球と分かれます。



アフリカ大陸の北半球は乾季が 5~9月 となります。約5ヵ月の計算です。



4~5月 9~10月は特に一日の寒暖の差が激しくなるそうです。



季節の変わり目は日本でも同じ感じですね~~~    




乾季は赤道近くはやはり最高 40℃~50℃ ぐらいにはなるみたいです 



ただし・・・・砂漠地帯でのみの話 森林のある地域は30℃~40℃位だそうです



こちらも昼間と朝晩とではかなり温度差があるみたいです。朝晩は 20℃ 以下にまで




して南半球は季節がまったくの逆で同じ時期に比べると冬となるそうです 




解り易く言うと・・・日本の真下にある南半球のオーストラリアと言う事。



つまり日本が 夏 であれば オーストラリアは 冬って事になります



ただし赤道に近い ケアンズ・ダーウィン・ブルームは・・・・・  



シドニー・タスマニア島・パースは 逆に  となります~    



う~ん  勉強になるね~~~   (笑





あとは ハリシの産地を当てはめれば 生息地の環境が解る って寸法だわな~





少なくとも乾季は5ヵ月はあるみたいだね~




ただし・・・・それぞれの飼育環境があるのでいつ羽化するかは解りませんな~





とりあえず繭作って 4~5ヵ月後の4月に確認することになりますな~    

    

M・ハリシ現地情報 | trackback(0) | comment(17) |


2010/02/01 (Mon) やっぱ 初心者か

ども




初心者  にありがちな繭の触りすぎ・・・・・・。



昨年の  ぐらいに 幼虫購入



なかなか そっと しとけずに いぢり倒して  ★ に・・・。




解っちゃ いるけど やっちまった~  反省・・・。  



今はなかなか入手することが困難になりつつある   ドヘルティ  



かろうじて 踏みとどまっている ハリシ の      



2月末 まで触らないと決めましたが・・・・4月末 まで延長いたします。




なぜ・・・・・・・・・・・・・・






一個だけ いぢったところ・・・・・・・



ゆうに 2ヵ月 は過ぎていたのに・・・いまだ 幼虫!






開けた穴・・・2~3日後見てみたら・・・・・・自分で塞いでました   (爆






前蛹にもなっていませんでした。




コイツの生態 今一度調べ直してみます     




と、言う事で・・・奥が深いですな~~!    




この趣味は~           

ドヘルティ現地情報 | trackback(0) | comment(14) |


| TOP |

FC2カウンター

プロフィール

Author:kazu0630
漢(おとこ) こと私の昆虫飼育の紹介をさせていただいてます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。